関西ローカルながら、不思議な人気を持つテレビ番組「~オトナ度ちょい増しTV~おとな会」。
そこでは、独自の手法で成功した会社などが取り上げられている。関西ならではの着眼点、ど根性、そしてユーモア―――、そのエッセンスを伝えていく。
第14回は「非効率」を武器に驚異的な成長を遂げる「食べ放題焼肉チェーン」。社長のジュージューと焼けるような熱き想いをお送りします。

 こんにちは! 大阪はMBS(毎日放送)のアナウンサー上泉雄一です。

 私は今「~オトナ度ちょい増しTV~おとな会」(水曜深夜0時59分から放送・関西ローカル)という番組の司会をしております。

 「きゅっ」と冷え込むこの季節。途端に「おでん」が恋しくなりませんか?ご年配の大阪の方は「おでん」のことを「関東煮(かんとだき)」と言うことがあります。一説には、その昔、味噌田楽を丁寧に表現するのに“お”をつけて「お田楽」→「おでん」と呼んでいたそうですが、関東から広がってきた「ちくわ」や「はんぺん」を煮込む料理=「おでん」とややこしいため、こちらを「関東煮」と呼んで区別してきたとか。

 その「かんとだき」をあるお店で食べた、かの森繁久彌さんが「この美味しさは『かんとだき』じゃない。『かんさいだき』だ!」と絶賛し、それがメニュー名となった「かんさいだき(おでん)」の名店が大阪・梅田にあります。それが「常夜燈」というお店です。

「常夜燈」の「かんさいだき」です。関東風に言えば「おでん」ですが

 ……ややこしい話ですが、分かりましたでしょうか? 戦後間もなくの1945(昭和20)年から煮込まれてきたその味は、確かに絶品そのもの。筆者もこの季節になると常夜燈の味が恋しくなり、ついつい足を運んでしまいます。鯛の頭や羅臼昆布の上にダシを注ぎ、そこに丁寧に具を並べ、創業以来のダシを継ぎ足し、継ぎ足ししてじっくり煮込んでいきます。その優しくてまろやかなダシが、様々な具材にしっかりと染み込んだ「かんさいだき」の味は、身も心もほっこりとさせてくれます。

 夜はもちろんですが、筆者の会社から近いこともあって、ランチでもよく伺います。そうなんです。ランチがあるんです。いや、お店の雰囲気からいえば「お昼のおでん定食」が正しいですね。これがまた素晴らしい内訳でして、自分で選んだお好みの具4品に、お吸い物とご飯が付いてきます。関西人としては「おでん」をおかずにご飯を食べるのは日常の風景なのですが、この記事をお読みの日本全国の皆さんはどうなのでしょうか?やっぱり「おでんとご飯」には違和感があるのでしょうかね?

 それはさておき、このご飯がまたたまりません!実は、ご飯がうっすらと色づいているんですが、これは、「よこわ節」のダシでご飯を炊いているからなんです。ご主人いわく「うちのおでんの味は白ご飯やと味がぼやけてしまうねん」とのこと。なるほど! 確かにおでんとご飯を一緒に食べると両方の味がさらに引き立ちます。

 筆者は普段、ごはんのお代わりは滅多にしませんが、常夜燈のこのご飯だけは別。1膳目はおでんと頂きますが、ココからが筆者流のお楽しみ! 2膳目は……ご飯にた~っぷりとダシをかけて「だし茶漬け」にして頂きます! 仕上げに振りかけた海苔と胡麻の風味が加わり、至福のランチタイムとなります。

 ……ふぅ。ごちそうさまです。満腹でございます。帰りがけにご主人と奥様が「うわちゃん、また夜にも顔見せてや!」と嬉しい声をかけていただきました。近々、夜にまたお邪魔しますね。

 ちなみにランチは月・水・金曜日のみで、夜はこのシーズン予約必須だと思います。大阪にお越しの際は、是非、常夜燈の「かんさいだき」をご賞味ください!

食べ放題の魅力はどこでしょうか

 さて、読者の皆様は「食べ放題」のお店には行かれますか? 食べ盛りのお子様がいらっしゃる方や学生の皆様には心強い味方ですが、おとな同士では「量より質」と、敬遠される方もいらっしゃると思います。

 でも「美味しくて、サービスも満点、さらにお店も綺麗!」そんな食べ放題のお店ならいかがですか?でも、そんなお店があるんでしょうか? ……実はあるんです!

 それが関西エリアを中心に現在112店舗。主に郊外型の焼き肉・しゃぶしゃぶの食べ放題レストランを展開するワン・ダイニングなんです。近畿エリアにお住まいの方なら「1(わん)カルビ」や「きんのぶた」という店名を見るとピン! とくる方がいらっしゃるかもしれませんね。

『ワン・ダイニング』DATA
・創業:1965年6月
・社員数:6252名(アルバイト含む)
・年商:218億7566万円(2016年3月期)

 大阪西区に本社を構えるワン・ダイニング。「人生に2時間の幸せを」をテーマに、2006年に 42店舗からスタートしました。「いかに顧客満足をあげるか?」を徹底的に追求し、競争の激しい外食産業の中で16年にはなんと112店舗まで成長。13年には日本経営品質賞(大規模部門)も受賞しました。