3月25日に開催された大塚家具の株主総会は、所要時間60分足らずで平穏に終わった。昨年の株主総会での父と娘の闘争から1年。経営権を握った大塚久美子社長は、企業の立て直しに向けて正念場を迎えつつある(前回の記事はこちらをご覧ください)。

 大塚家具の経営権を掌握した大塚久美子社長にとって、最大の課題は業績の立て直しだった。2015年1月末に社長に復帰したとはいえ、実際には勝久会長が総会まで営業部門を統括し続けていた。勝久氏の方針による店舗運営がその年の3月末まで続いていたのだ。

 争点になっていた広告宣伝も、4月分までは会長の方針で決まっていた。案の定、経費をかけた割には来客数や売り上げは伸びていなかった。第1四半期(1~3月)の業績が相当厳しい状況になることは明らかだった。

2015年2月16日に開催した中期経営計画は守られるのか?(写真:菊池一郎)

 実際、その後発表された第1四半期の業績は散々だった。消費税が2014年4月から引き上げられたため、前の年の1~3月が駆け込み需要期に当たっていたこともあるが、勝久氏の店舗運営が成果を上げていないことは歴然としていた。

 第1四半期の売上高は前年に比べて23%も減少、経常損益は11億1300万円の赤字になった。前年同期は6億7500万円の黒字だったから、大幅な転落である。

入りづらいイメージの修正を目指す

 久美子氏は一気に店舗をかつての自分自身の路線に戻す。4月から路面店、大型店を中心に店舗リニューアルを実施した。店舗の受付スペースを縮小し、消費者が気軽に立ち寄れる店づくりを目指した。いわゆる「会員制」ではなく、オープン化を進めたのである。買い替え需要のボトルネックになっていた入りづらいイメージの修正を目指したのである。

 さらに4月中旬から3週間にわたって、「新生大塚家具 大感謝フェア」を開催した。社長が店頭に立って客を出迎えるというスタイルで、ワイドショーでがぜん知名度の上がった久美子氏を一目見ようという客で店舗はごった返した。

 初日の新宿店には開店前から130人が並び、1日で1万257人が来店したという。開店時に先着100人に久美子社長からガーベラの花をプレゼントした。「久美子」から取った93万5000円の高級寝具セットが各店10セット用意されたが、初日に完売したという。