社長就任から3年が経った頃。危惧していたことがあった。社内改革に前のめりな自分と社員との間に温度差がないか。そんな矢先に受けたテレビ出演のオファー。社員に内緒で変装し、現場に潜入するという番組だ。社員の本音を知りたい。その一心で出演を決めた。

コールセンターでお客様対応するため、商品説明のレクチャーを受けている潜入中の鈴木社長(左)

 2017年3月、「覆面リサーチ ボス潜入」(NHK BSプレミアム)というテレビ番組に出演しました。ちょうど今週、4月7日(土)18時30分から、再放送があるようです。

 タイトルの通り、「ボス」である会社の社長や役員が素性を隠して現場に潜入。そこで社員の本音を発見する番組です。

 最初にNHKからオファーをいただいたのは放映の約1年前。何事も即断即決の私ですが、このときは返答に半年を要しました。正直なところテレビ出演は苦手。それでも決断した決め手は何か。

 それは、危機感でした。社長就任から3年、私は「高収益体制」を目指し社内改革を推進してきました。そんな自分と社員との間に溝が生じていないか心配だったのです。

分かっている「つもり」

 潜入に当たり、テレビ局が考案した私の人物設定は「場末のスナックのママだった50代の永田さん」(笑)。私がふんする「永田さん」が再就職を目指しさまざまな職場体験をする。そんなテレビ番組の取材という名目で現場に入ります。

 潜入先でバレてはなりません。撮影当日はプロによる別人メイクと茶髪のカツラで変身し、服装は着慣れないパンツスタイル。普段は早口なのをセーブして、のんびりした女性になりきりました。

 職場体験したのはエステーの4つの部署。それぞれ1日をかけ、先輩社員の指導を受けて働きます。

 結論から言うとすべての現場で、経営者としての反省や気付きがありました。