昨年、リブセンスは初めてのM&A(合併・買収)に踏み切りました。

 相手の会社のビジネスモデルはとても魅力的なものでした。市場自体も成長している。しかし、その割には業績が伸びていない。改善余地があるからM&Aをしようというのが、私の判断でした。

 リブセンスはほかにも、共同事業の形で、伸び悩む事業を好転させたことが何度かありました。その経験から、M&AによってリブセンスのWebマーケティングのノウハウを持ち込めば、業績は伸ばせると考えたのです。

 このM&Aに、当初、社外取締役からは少々辛口の意見がありました。それは以下のようなものでした。

 まず一般に、M&Aの成功例は極めて少ない。業績計画や買収価格を慎重に精査する必要がある。
 さらに、過去の成功経験がすべてのケースに通用するわけではなく、改善には相当な時間を見込むべきだ。

 その意見も踏まえて、役員全員で検討し、議論を重ね、最終的には納得の上で、M&Aを実行しました。

 しかし、後になって私は、当初の社外取締役の意見が、いかに的を射たものだったかを、思い知ることになりました。

M&Aの痛みで「過信」に気づく

 だからといって後悔はしていません。納得して下した決断です。今は、このM&Aを成功に転ずるべく奮闘している最中。手応えもあります。

 ただ、あのときに社外取締役が意見した通り、私の見通しが甘かったことは、否定できない事実です。

 そこで、改めて気づかされました。

 「僕が暴走するわけない。大丈夫」と思っていた自分のなかに「過信」があった。あのときの私は、まさに「自分の正義を疑わないがゆえに、落とし穴にはまる経営者」そのものです。

 社外取締役という仕組みにも、理由がある。経営者の暴走を止めるという、その設計思想を軽んじてはならないのです。

 現在、リブセンスの社外取締役は、まったくもって形式的ではありません。耳の痛い話も多く聞かされるけれど、経営者として疾走する日々のなか、ひとたび立ち止まり、冷静に考えるきっかけを与えてくれる、私にとって必要不可欠な存在になっています。

 どんな仕組みにも理由がある。その「設計思想」を見過ごせば、ことの本質を見誤る。相変わらず、ポケモンGOのあまりに不親切なチュートリアルに不満を感じつつ、そんな真理に感心している、このごろの私です。

(構成:福光恵、編集:日経トップリーダー

 世界中から見学者が来る、新潟県三条市のスノーピークヘッドクォーターズ(本社)。今年の秋もここで、山井太社長とキャンプをしながら経営を学ぶ2日間の体験型セミナー「スノーピークに学ぶ ファンを作る経営講座」を開催致します。

 山井太社長の講演、十分に時間をとったQ&Aセッションに加え、ファンづくりに欠かせない「経営のコンパス」を確かめるワークも実施する人気のセミナー。美しい自然の中で、スノーピークの世界観を深く体感しながら、経営者としてのあり方を考える貴重なチャンスです。

 期間は2016年10月5日(水)~6日(木)、限定20名です。お申し込みはこちらをご覧ください。