とはいえ、「自分の脳と事業がつながっていない」という、私個人の違和感が、会社全体の問題に発展し、顕在化するまでには、タイムラグがありました。

 そんな違和感のタネが、いよいよ爆発したのは2年前のこと。

 2014年、リブセンスは業績の大幅な下方修正を行いました。

 それまでも、違和感はありました。けれど、数字が上がっていたこともあって、「会社が大きくなるって、こういうものなのかな」と、深く追求しませんでした。けれど、いよいよ業績悪化という数字を突きつけられるに至って、これまでは半ば、見て見ぬふりをしていた違和感に、真正面から向き合いました。

 今思えば、違和感の正体は、こういうことです。

 会社がどんどん大きくなり、以前は私の体の一部だった事業が、社員みんなのものになっていきました。そんな変化に、未熟だった私は戸惑っていました。変わりつつある、自分と事業の間の距離感を測りかねていました。

 例えば、部下への任せ方。丸投げではサービスの品質が安定しない。だからといって私が細かく口を出しすぎると部下が持てる力を発揮できず、成長しない。では、どんなさじ加減がいいのか――。そんな私の迷いが大きくなり、じたばたと試行錯誤するほどに、任せた社員がワークしなくなるという悪循環。それが業績悪化に直結していました。

「経営の家庭教師」に教えを請う

 そんな問題の構造が見えてくるとまた、じたばたと、いろんな人に意見を求めました。しっくりこない意見だったけれど試してみて、やっぱりダメだったというものもあれば、聞いてよかったと思う意見もあり、そのなかで自分にとっての正解が徐々に見えてくるようになりました。これも、解像度の向上です。

 今、私には、経営の家庭教師が何人かいます。いわばメンターです。大手ネット企業の創業期を知る元幹部、マーケティングの専門家、人事・組織の専門家などです。彼ら、彼女らのアドバイスが私の成長を加速させてくれている実感があります。

 とはいえ、私はまだスランプからのリカバリーの途中です。あとから今のことを思えば、「まだじたばたしていたよな」と思うかもしれない。リカバーしたかと思えば、また新たなスランプがやってきて、仕事というのは、日々、スランプとリカバリーの繰り返しのような気もします。

 それでも「事業家」という天職を「神様か誰か」にもらった以上、自分の力を信じて進んでいく。いろんなものの見え方が変化して、ちょっとだけ自分の解像度が上がった実感があることも、私を大きく励ましてくれます。

 最近、メンターの一人にふと言われました。

「元気そうだね。会社とつながってきたでしょ」

 いい兆候です。

(構成:福光 恵)

 他人との付き合い方で悩んだことはないでしょうか? ちょっとした気づきで、人とのかかわりはぐっと楽になるはずです。カリスマ・コミュニケーションコーチ山崎洋実さんが、若手ビジネスパーソンにむけてそのためのメソッドを解説する『苦手な人が気にならなくなる本』を発行しました。