買い手が望んでいるのは「希望条件の物件を適正価格以下で買いたい」である。この条件を満たすと顧客の満足度は高くなる。ロボット仲介では上記の満足度を満たすための検索代行の意味合いが強い。そこに立ちはだかるのは、仲介手数料のカベである。

ロボット仲介をはばむカベ

 そもそも買い手の仲介をするのは買い手に物件情報を提供した側であるが、買い手の手数料3%を主張すると、売り主側の仲介会社から物件を紹介してもらえない可能性がある。自分で買い手も見つけて6%取る両手仲介に固執するからである。こうした「物件情報の囲い込み」には厳しい目が向けられており、各種メディアで取り上げられている。しかし、手口は巧妙になるばかりで、法的に禁止しない限り続くと考えた方がいいだろう。そうならば、考え方を変える必要がある。

 我々が提供するロボット仲介では3%の手数料を一部放棄し、顧客に購入してもらうことを最優先にしようと考えている。つまり、売り手側に買い手側の手数料も一部取らせて両手仲介に近い状態にするということだ。こうすることで「囲い込み物件」も紹介可能になる。

 ここでの大義は買い手が希望条件の物件を購入できるようにすることであり、そのために不動産業界の両手仲介ニーズを巻き込んで行くことにある。仲介手数料の総額を減額したりせず、取引の効率化を進められるかが成功のカギとなるだろう。ただし、買い手側に立つ我々の採算はひじょうに厳しくなると予想している。それでも、通常3カ月かかる契約期間をその半分にできれば、取引量を2倍にすることで、そこで採算が取れるかの実験ができる。不動産業者排除の目的もあり、ロボット仲介サービスは住まいサーフィンの会員に限定して開始する予定だ。

経営課題の解決に役立つ、不動産の活用法を満載

 本コラムの著者、沖有人氏の最新刊『経営者の手取り収入を3倍にする不動産戦略』を発刊しました。これからの不動産を取り巻くメガトレンドを踏まえつつ、不動産固有の特徴や、それを生かした経営課題の解決法をやさしく解説しています。多額の減価償却の使い方、タワーマンション節税、相続税評価の下げ方、役員報酬の上げ方、そして手取り収入を増やすタックスマネジメントまで、著者が実績を上げている具体的な手法をまとめました。詳しくはこちらまで。

 また、沖氏は、不動産購入に関するセミナーを随時開催しています。ただし、業界関係者の参加はご遠慮いただきたいので、住まいサーフィンの会員に限定したり、当日は身分証明書などを必要とすることがあります。その点はご留意ください。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。