不動産の特徴を生かした様々な投資法を提唱する、不動産コンサルタントの沖有人氏。連載第5回は、個人が自宅を資産形成に使う「自宅投資」と、経営者が自宅を社宅にする方法の両面から、自宅を活用する方法について解説する。

 私は「自宅投資」で儲けています。確定申告では家族分を含めて数千万円の譲渡益を出しましたが、無税で得ることができました。そのノウハウは拙著『マンションは10年で買い替えなさい』(朝日新書)で公開しました。そのエッセンスは次のようになります。

手厚い支援がある「自宅投資」

 自宅投資とは、自分の家を住むための住居としてだけでなく、資産形成のツールとして利用する考え方です。税制も金利も重たいワンルームマンションや賃貸住宅などへ投資するのではなく、住宅ローン減税などの税制優遇があり、低利の住宅ローンが組める自宅を投資対象にするというわけです。自宅は誰にでも必要なので、それが投資として儲かるのは願ったりかなったりでしょう。

 資産づくりのためには、本で書いた「7つの法則」に従い、立地などの資産性を重視し、住んで中古になっても含み益が狙え、換金しやすい物件を選ぶ必要があります。しかし、本はあくまでも理論です。実践するには個別のマンションの時価などが分からなければなりません。

 その情報を得られるのが、弊社が運営している無料会員制マンション情報サイト「住まいサーフィン」(会員約18万人)です。

 過去20年間に販売された首都圏・近畿圏のマンションの時価と含み益が出る確率を掲載しています。先日行った住まいサーフィンのアンケート調査では、80%以上の人が購入価格以上になっていました。少なくとも1万人以上が含み益を出している計算です。これが不動産ビッグデータの可能性でもあります。

 さらに、首都圏の中古マンションの売り出し新着物件の適正価格を毎日査定し、割安物件を紹介するというサービスも提供しています。10%以上割安な物件は2~3%しか存在しないため、たいてい2~3日で買い付けが入ってしまいます。ゆえに、24時間以内に割安物件を見つけ、翌日には内見するくらいのスピード感が必要になります。10%の含み益なら、5000万円の物件で500万円なので大金です。