25年ぶりにセントラル・リーグでの優勝を果たした広島東洋カープ。長きにわたった不振のトンネルを抜け出すことができたのはなぜか。資金不足に苦しんできた球団を救ったのは、松田元(はじめ)オーナーの執念と新しく生み出した収益源だった。復活の舞台裏を経営の観点から解説する。