久し振りに再開した “地理人”、日本中の街を歩き倒してきた今和泉隆行さんの連載。廻った街の数と深さは決してNHKのあの番組に負けません(というか数は間違いなく圧勝です)。前回は「街の変化は都市計画以上に、地理的要因に影響される」ことを実例を持って見ていきました。今回はいよいよ、今和泉さんの大きなテーマ、「街の中心の移動」に踏み込みます。都市の動態観察術をご一緒に学びましょう。

(前回から読む

十字街

 この地図は北海道函館市(都市人口27万人、都市圏人口34万人)のものですが、「動く街」を観察するのにとても分かりやすい例です。

 都市圏の規模は、前回触れた佐世保や佐賀と近いですが、どちらとも似ないパターンが特徴です。佐世保が1点にかたまる街、佐賀が全方向に拡散し各施設が点在するパターンだとすると、函館は、時代を追うごとに新たな点ができ、新旧4つの点がそれぞれ性質の異なる街なのです。

 それぞれの街の中心の移動から、時代の移り変わりを観察できる。そういうことでもあります。実線の赤い矢印が、これまで住宅地の拡がってきた方向ですが、ちょうど山裾まで来たところです。函館都市圏の人口のピークは過ぎましたが、近年まで人口が増加し、現在も僅かに拡大が見られるのは、平地がある北西方向(北斗市、七飯町)です。新幹線の新函館北斗駅ができ、郊外型の商業施設が多いのもこのエリアです。

 函館市は明治以降対外貿易港として、そして漁業の拠点として繁栄しました。その舞台となった函館港は、周囲を海に囲まれた函館山の麓にあり、そこから北東方向に陸地が広がっています。開港間もない頃は、函館港周辺に人が住み、街が生まれ、明治期の市街地の北東端に函館駅ができます。

函館の中心は内陸へ動く

 人口が増えると当然の結果として住宅地が拡がりますが、函館の陸地は、函館山の麓の十字街より北東方向にしか広がっていないので、市街化するのは必然的に北東方向です。こうして、函館市街地は北東方向に少しずつ拡がり、それぞれの中心機能も時代によって内陸方向に動いています。それでは函館港付近から北東方向にかけての、4カ所の拠点を、写真で見てみましょう。

十字街

 十字街電停付近の市街地は、現在はレトロな街として、夜景で有名な函館山の麓の観光地として人を集めています。函館市は一帯のエリアを「西部地区」と名付け、観光拠点と位置付けました。もともと函館の二大百貨店「丸井今井」と「棒二森屋」の前身はこのエリアにあったのです。棒二森屋は1930年代に、丸井今井は1970年前後に移転しましたが、その後建物は公共施設や観光施設として利用されます。

 函館は「坂の街」としても知られていますが、坂がある「街」はこの十字街を含む西部地区のみです。以前は市街地、中心地で、その役目を終え、観光拠点となったわけです。それを象徴するのが、「函館市地域交流まちづくりセンター」。ここは観光客の入場もできる歴史的建造物ですが、それ以前は市役所の分庁舎、もともとは百貨店の丸井今井だった建物です。ひとつの建物が、商業→行政→観光、と、それぞれの拠点として移り変わっていく様子を象徴しています。