路面電車は自動車交通の増加によって次々と廃止されますが、それ以前は都市交通の主役を担っていました。つまりは路面電車が走っている範囲は、自動車が普及する前、高度成長前の市街地の範囲に相当します。これより外側は、高度成長とともに都市化したエリアで、都市化とともにスーパーや大型店が出店したため、個人店中心の商店街は発達しにくい状況になります。

 路面電車の終点は、途中停留所に比べると、終点より奥の広いエリアに住む人が徒歩で来ることで多くの人が集まった、とも考えられますが、真相は定かではありません。神戸の板宿本通商店街も以前の路面電車の終点で、現役の路面電車だと、都電荒川線の終点、三ノ輪橋電停前にも、長崎電気軌道の終点、赤迫電停付近にも商店街が広がっています(もちろん賑わうのは終点だけではありません、横浜では大口通商店街、神戸では水道筋商店街は、以前の路面電車沿線ではありつつも、終点ではなく途中停留所の付近にあります)。

 このように、今の商店街の賑わいの鍵を紐解くと、数十年前の都市の範囲や交通網にヒントが隠されている場合があります。

 横浜市都市発展記念館ではWeb「横浜歴史情報マップ」を用意していますが、特に昭和戦前期の地図や主要な施設リスト、写真が閲覧できます。とりわけ興味深いのは昭和戦前期の伊勢佐木町の彩色写真です。「眼下に眺むる吉田橋と伊勢佐木町通り」と「歓楽の巷伊勢佐木町通り[寿百貨店付近]」の絵葉書を見てみましょう。

 現在の歓楽街というイメージからは想像しにくいですが、当時は多くの百貨店や専門店が並ぶ、よそ行きの街だった雰囲気が読み解けます。さて、今後はどのように変わっていくのでしょうか。

新たな文化の担い手は、発展の影に潜む古い街

 最近では「東京では東側がアツい」と言われます。そして大阪市内でも似た動きがあります。最近若者に人気の街といわれる堀江、中崎町、空堀。これらは、バブル前後はほとんど注目されなかった街でした。

 地価で比較すれば東京では今でも西側のほうが地価は高いし、ブランド店が西側から東側に移ってくることも今の所なく、大阪のこうした街も、大規模な再開発どころか、小規模な個人店が軒を連ねるのみです。今回注目してきた「街の中心」が、東京の東側や大阪の堀江、中崎町に移動するかというと、さすがに難しいと思えます。

次ページ アートをきっかけに「わざわざいく街」に