六角橋
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 六角橋商店街は、東急東横線白楽駅と六角橋交差点の間に広がる商店街で、大通り……といっても車がやっと通れるほどの通り沿いの商店街と、歩行者専用でアーケードとなっている仲見世の2つの通りがあり、特に仲見世はおそらく50年はその様相を変えていないような古い店舗から個性的な新しい店舗まで混在しています。

 そして、グルメの街でもあります。「一部の人に理解される」という妙な標語がキャッチーなパキスタンカレー店の「サリサリカリー」や、蒸されることが多い小籠包を焼いた「六角橋焼小龍包」は、そのユニークさもさることながら絶品の美味しさです。

弘明寺
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 弘明寺商店街は、京急線弘明寺駅と横浜市営地下鉄弘明寺駅の間に広がるアーケード型の商店街で、新しいチェーン店と古くからの個人店が混在し、老若男女を集めています。

 松原商店街のように生鮮品に偏ることもなく、六角橋のように古くからの店舗と個性的な新店舗の強いコントラストがあるわけでもなく、なんといいますか、比較的“丸く収まっている”商店街といえるでしょう。

古い地図から見えてくる秘密

 さて、何故こういった商店街がとりわけ賑わっているのか、考えると少々謎です。

 最寄り駅はどこも各駅停車しか止まらない駅で、松原商店街に至っては駅前ですらありません。首都圏や京阪神等の大都市圏では、鉄道の影響力が強く、駅前こそ最も人が集まるといっても過言ではありませんが、その影響力とは関係なさそうです。

 「洪福寺」「弘明寺」という名前からもわかるように、寺院があったことで、参詣者の行き来が多かったことも考えられますし、その他にも、以前主要街道沿いだったこともあるかもしれません(洪福寺松原商店街は旧東海道、六角橋商店街は旧綱島街道、弘明寺商店街は鎌倉街道沿い)。

 しかし、横浜都市発展記念館にあった横浜市電の古い路線図を見ると、意外なことが見えてきます。洪福寺、六角橋、弘明寺ともに、それぞれ路面電車の終点であることがわかります。

次ページ 新たな文化の担い手は、発展の影に潜む古い街