(前回から読む

 久々の連載では「街の中心」が時代の変化によってどう動いていくかを観察する、というテーマでお話ししてきました。

 2018年7月1日まで、横浜都市発展記念館では企画展「伸びる鉄道、広がる道路 横浜を巡る鉄道網」(企画展示案内はこちら)が開催されています。横浜駅の移転や、首都圏の都市化の拡がりに応じて鉄道や道路がどう変化してきたかが見て取れる内容になっています。時に整備が追いつかず、交通量ばかりが増えて渋滞していることが分かる写真もあります。それだけ時代の変化が急激だったことを物語っています。

 今回は、この展示にヒントを得て、横浜の街の不思議を紐解く鍵をお届けします。

こんなところに、賑わう商店街が?

 横浜には生活感漂う、賑わう商店街が何カ所かあります。関内? 伊勢佐木町? いえいえ。もちろん横浜駅でも、みなとみらいでもなく、意外な場所にあるのです。

 名前を挙げれば、松原、弘明寺、六角橋などです。え、聞いたことがない? そうですよね。地元の人しかほぼ縁がなく、しかも、中心部とも郊外とも言えないところに立地しています。なぜそうなったのか、猛烈に興味をそそられます。まずはその様子を見てみましょう。

松原(商店街)

 いくつもの生鮮食料品店がしのぎを削り、その安さから多くの人が押し寄せるのが松原商店街(正式には洪福寺松原商店街)。最寄り駅の相鉄線天王町駅から5分少々の所にあります。つまり、駅前ではない場所に賑わう商店街が広がっているのです。

 特徴的なのは、ほとんどが食料品を扱う個人店で占められており、チェーン店はまったくといっていいほど見当たらないこと。非常に古風な商店街の様相です。しかし、さらに驚きなのは、全国の商店街の建物が老朽化し、店員が高齢化する中で、ここには若い店員が多いこと、店によっては新築されている店もあることで、厳しい競争に晒されつつも店の経営は順調であることがうかがえます。