とかく人は、難しいことに正面から取り組むべきだと正論を言うけれども…。(写真:auremar/123RF)

スヌーピー「配られたカードで勝負するしかないのさ」

 部下がなかなか成果を挙げてくれない。あんなに手取り足取り仕事を教えてやっているのに、それがどうしても数字に結びつかない。そんなふうに悩んでいる管理職は少なくないです。

 わが社にもそういう管理職がいます。そして「部下の××くんはどうにも使えない奴だから、別の部門に異動させてください」などと私に直訴もします。「部下が使えない」というのは私も(個人的に)嫌になるほど経験しているから、彼がぼやきたくなる気持ちは、まあ理解できます。

 だからといって彼の希望通りに異動させることはまったくなく、むしろ叱り飛ばします。「そういう“使えない”部下をなんとか使いものになるようにして、数字を出させるのが管理職たるきみの仕事だろ」と。

 世界的に有名な漫画『スヌーピー』には、「配られたカードで勝負するしかないのさ」という、これまた有名な台詞がありますが、それは社会人でも同じことです。いまある布陣でなんとか勝負をかけて、そして勝たなくてはいけない。それが管理職に課せられた最重要のミッションです。

 部下が使えないと不平不満をいいたくなる気持ちは、よくわかる。ですがそれを、よりによって管理職が口にすることがあってはいけません。あなたは組織に対する建設的批判をしているつもりかもしれませんが、実はそれは「私はダメ管理職です」と告白しているに等しいです。

 社長は社内で一番繊細に社内を観察している人物で、あなたがそんな明後日な方向に不平不満を漏らしていることを決して見逃しません。そして「彼(=あなた)を管理職の地位に留め置いてよいものだろうか」と必ず自問します。それはあなたにとっては好ましいことではないです。