反発するタイプの社員は、将来有望です。(写真:ミラタス/アフロ)

「反発しないタイプ」が実は一番やっかい

 上司が部下に業務上の指示を出したとき、部下の対応はおおむね3種類に大別できます。

 ひとつのタイプは、素直に従って即座に実行するタイプ。私はこれまでたくさんの会社を見てきましたが、このタイプは全社員の15パーセントもいればいいほうです。普通はせいぜい5~10パーセントといったところ。25パーセントもいたら相当に優秀な会社といえます。

 もうひとつは反発するタイプ。これは即実行タイプよりはいくらか多くて、10~15パーセントといったところでしょう。

 そして最後のひとつは、反発はしないが実行も伴わないタイプです。これは割合としては一番多く、社員の過半数以上を占めます。

 さて、ここで質問します。「即座に実行するタイプ」は理想的な部下像ですから問題ないとして、「反発するタイプ」と「反発しないタイプ」とでは、いったいどちらがあなたにとって厄介な人材でしょうか。

 それは後者、「反発しないタイプ」です。彼らはあなたの指示を理解したから「反発しない」のではありません。下手に意見をいって叱責されたり、あるいは責任を負わされたりするのが嫌だから反発しないふりをしているだけです。そういう部下は表面的には指示に従う素振りを見せて、しかしあなたの目の届きにくいところでは手を抜くものです。