多くの顧客が望むのであれば、我が社(武蔵野)は果物店にだってなります。(写真:PIXTA)

 私はいつも、こんなふうに思っているのです。「ああ、わが社のお客様の3割が、いや、2割でもいい、『武蔵野では林檎は販売してくれないの?』とおっしゃってはくださらないものだろうか」「そうすれば私は即座に、青森や長野の林檎農家との契約に走るのになあ」。私は本気です。だからといって、小山が乱心したとはどうか思わないでください。私は正気です。

 だって、考えてもごらんなさい。2割ものお客様が「林檎を売れ」とおっしゃるのですよ。ということは、「仰せのとおり、林檎をお持ちいたしました、青森県産『王林』、最高品質のものでございます」とかなんとかいって恭しく差し出せば、その2割のお客様は必ずお買い上げくださる。こんなに素晴らしいことはありません。なにしろわが社は、ひとつ194円の台所用スポンジを売るのですら筆舌に尽くしがたい苦労をしているのですからね。

 私が社長を務めている株式会社武蔵野は、ダスキンの代理店業務と、経営サポート事業のふたつを主力とする中小企業ですが、将来的に高級フルーツの訪問販売店になることを私はなんら厭うものではありません。お客様が喜んでくださる製品なりサービスなりを売るのがビジネスの基本です。これはだれしも異存のないところです。わが社の場合、それがたまたま、ダストコントロール製品であったり、経営サポートのサービスであるというだけのことです。

会議は仕事ではない

 さて、本稿をお読みの管理職のあなた。ここまでの話で私がなにをいいたいかおわかりになるでしょうか。それは一言、「なにをすべきかはお客様自身に訊け」です。

 あなたの統べる部門で、ある商品なりサービスなりが「ぼちぼち」という感じで売れているとします。あなたはこれをてこ入れして、もう少し売れ行きをよくしたい。さあ、なにをするべきでしょうか…、というと、多くの管理職が会議を持ちます。衆知を集めてよりよい「次の一手」を、とかなんとか。お気持ちはわかりますが、私からすればかなり滑稽なことです。だって、そこ(会議室)にはお客様がいないではありませんか。