前回の当連載で、新卒社員に向けた心構えの話をしました。概要を申し上げれば──自分は仕事ができないなんて悩むのは止めなさい。新人は「できない」のが当たり前なのだから。むしろ積極的に失敗して、上司や先輩社員に迷惑をかけまくりなさい。それこそが会社に対する一番の貢献なのだから、云々──。

 そういうわが社はいまどういう状態にあるかというと、五月の下旬になって内定者(2018年入社予定者)が決まりました。新卒社員の五月病の心配をしたら、その月にはもう次の年の新卒社員の採用を考えなくてはならないなんて、本当に光陰矢の如しです。今回はいつもと趣向を変えて、わが社の新卒採用についての話をさせてください。

就職活動では、誰もが取り繕っている。(写真:PIXTA)

就職活動・新卒採用は「狸と狐の化かしあい」

 わが社が定期的な新卒採用を始めて、もうかれこれ20年を越えます。

 いまでは、新卒社員の定着率は95パーセントを超えている我が社ですが、最初の5年はひどいものでした。定着率はだいたい10パーセント、よい年でも13パーセント。10人採用したら9人近くが辞めるわけですから惨憺たるありさまです。どうして定着率が悪かったのか。これは簡単、「取り繕っていた」からです。

 当時のわが社は急激な上り調子にありました。そういう状況の中小企業にはよく見られることですが、必要以上に自社を良く見せようとしていたのです。会社説明会の壇上で、本当は落ちこぼれ集団であることなどわたしはおくびにも出さず、いかにわが社が将来性に富んだ素晴らしい会社であるかを力説していました。これに学生たちは騙されました。

 4月2日、前日に高級ホテルで入社式を済ませた新卒社員が出社して来ます。彼らはまず一様に唖然としますね。社屋は築30年をとうに過ぎた3階建のこぢんまりとした民家。壁のあちこちはひび割れ、補修用の漆喰が塗ってある。それでも意を決して中に足を踏み入れると、昨日まであんなに優しかった先輩社員に鬼の形相で怒鳴られる…。普通の神経をしていたら、すぐに辞めるのが当然でしょう。「なんだ、入社前とはずいぶん話が違うじゃないか」と。