「使えない奴だ」と思っても教育の手をゆるめない

 以上を簡単にまとめるとこうなります。管理職が「部下を異動させてほしい」は本来的には越権行為であり職務の怠慢で、社長としてはその場で叱ってもいい事柄である。しかしそれをすると部下の退職という、もっと好ましくない事態を招いてしまいます。これは社長としては結構なジレンマです。本稿冒頭で「(社長は)厄介なことになっちゃったなあ、と思う」という内容の記述をしたゆえんはここにあります。

 あなたが今以上の引き立てと出世とを望むのならば、社長のこういう気持ちをよくよく汲み、よく理解したうえでの業務遂行を心がけておく必要があります。すなわち、社長の決めた人事にいちいち不平不満をいわない。部下の出来・不出来にかかわらず差別をしない。「使えない奴だ」と思っても教育の手をゆるめない。

 なにより大切なのは、「今いるメンバーが最善かつ最高なのだ」と、自分にいい聞かせ、心に刻んでおくことです(これは前述の「心は行動を規定する」とも密接に関係します)。「使えない」××くんがあなたの思惑通りに異動になったからといって、彼を上回る人材が入ってくることはほぼあり得ない話なのですから。少なくとも現在の中堅・中小企業では。

(構成:諏訪 弘)

小山社長の著書『小さな会社の儲かる整頓』が好評発売中です。

精神論では、会社は儲からない!
儲けの7割は「整頓」で決まる!
小山社長の持論です。株式会社武蔵野を率いて約30年。赤字会社を再建した後、中小企業700社以上を経営指導し、5社に1社が過去最高売り上げを達成。その経験に裏打ちされた信念です。

本書の特徴は、写真がたっぷり。5ステップで「儲かり体質」の現場づくりを目指します。
1.5万人が視察した株式会社武蔵野の現場の写真がたっぷり
2.写真があるから、すぐ実践できる
3.自社のモノの置き場所、置き方が改善される(=整頓)
4.会社が変わる。社員が成長する(形から入って心に至る)
5.儲かる会社の土台ができる!

上に掲載したような、武蔵野の現場写真を豊富に掲載。
上に掲載したような、武蔵野の現場写真を豊富に掲載。
まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。