もともとは畠山氏の家督相続争いだった。

御霊合戦の舞台となった「御霊神社」境内

 「応仁の乱」を巻き起こした「御霊合戦」がどのようなプロセスで勃発したのか、時系列で並べてみました。

1466年(文正元年)12月26日
室町幕府三管領家のひとつ畠山氏の家督を奪われた畠山義就が、家督を奪回するために軍勢を率いて京都へ上洛。

1467年(文正2年=後に応仁元年)元日
将軍・足利義政は無断で上洛した畠山義就に怒り、その時点で家督を継いでいた弟の政長への支持を表明。

同 正月2日
前日とは掌を返したように、将軍義政は上洛した畠山義就と御所で対面。畠山政長は大打撃を受けた。

同 正月5日
毎年恒例の畠山邸への御成の日。将軍義政は政長でなく義就への御成を行った。

同 正月6日
将軍義政は畠山政長を管領職(幕府の要職)から外し、畠山の屋敷を義就に引き渡すよう命じた。

同 正月15日
納得できない畠山政長は、細川勝元や京極持清、赤松政則などとともに軍勢を率いて将軍御所に押し寄せ、将軍義政から畠山義就の討伐命令を引き出そうと計画。
しかし、この計画が義就を支持する山名宗全に漏れる。

同 正月16日
山名宗全は、畠山義就はもちろん斯波義兼も伴って警備の名目で御所を占拠。

同 正月17日夜
畠山政長はみずから畠山邸に火を放って「御霊神社」に陣を取る。
将軍義政は畠山家のお家騒動だから、政長と義就の1対1の争いに留め、山名宗全や細川勝元ら、他の大名は合戦に加わらないよう命じる。

同 正月18日
しかし、山名宗全は将軍の命令を無視して、畠山義就の軍勢を支援して御霊神社に押し寄せ、「御霊合戦」が勃発。畠山義就が勝利。
このとき、畠山政長を支援していた細川勝元は将軍義政の命に従い、合戦に加わらなかった。このことが細川勝元は世間の評判を落とし、汚名を被ることになる。
この細川勝元の恨みが後に「応仁の乱」に繋がった。
※「御霊合戦」は縁起が悪いので、この後、1467年の年号を「応仁」に変更。

 こうして改めてみると、もともとは畠山家のお家騒動だったのに将軍義政の朝令暮改と山名宗全の命令無視により、細川勝元に恨みを抱かせ、それが後の大乱を引き起こしたことがわかります。