月照の思い

 もしかしたら、聡明な月照は早くから西郷隆盛の可能性を見抜き、すべてを悟って、西郷の邪魔にならないよう自分だけが世を去ったのかもしれません。というのも入水のとき、西郷と月照が乗っていた船には2人の藩士が同乗していて、ふとしたことで西郷と月照が絡み合うように海に落ちた後、びっくりした藩士たちがたちまち引き上げたというエピソードが残っているのです。そのとき月照はすでに息絶え、西郷にはまだ息があって助かりました。もし、船に藩士が同乗していなかったら、西郷も命を落としていたに相違ありません。改めて考えれば、入水自殺をするために乗った船に、他人が2人も乗っているのは不思議です。

 ただ、これが月照の計画だったとしたら腑に落ちるのです。あくまで仮説ですが、もともと西郷には月照と入水自殺するつもりはなく、離島に身を隠すために船に乗ったとは考えられませんでしょうか。そのことを裏付けるかのようなエピソードも残っています。藩政を握った島津斉興が月照を離島に匿うように家臣に命じたというのです。もし、その指示のもとで離島に向かっていたのだとしたら、2人の藩士が同乗していたことも納得できます。

 しかし月照は「自分がいたら西郷に迷惑がかかる」と思って、途中で海に身を投じようとしたのではないでしょうか。それを情に厚い西郷が助けようとして2人は絡み合って海に落ちたとは考えられませんでしょうか。さらに月照は、西郷の情の深さまでをも見抜いて「寒中の海に身を投じたら、2人の藩士はすぐ引き上げるに違いない。そのとき体が弱い自分は死ぬが、体格がよく若い西郷は助かるだろう。そして西郷は自分だけが生き残ったことに責任を感じてさらに大志を追うに違いない」そう考えていたとしたら、月照の辞世の句には、さらに深い意味が感じられるのです。

 そして西郷隆盛は(月照が見抜いたとおり?)自分だけが生き残ったことを猛烈に恥じ、もがき苦しみます。薩摩藩もそんな西郷を奄美大島へ蟄居させました。その間に江戸で「桜田門外の変」が起こり、井伊直弼が暗殺されて「安政の大獄」は終わりを告げ、西郷隆盛が時代を動かす時がやってくるのです。