安倍首相は衆院選で大勝したが、デフレ脱却はまだ達成できていない
(写真:AFP/アフロ)

 日本の景気拡大の期間が今年9月で58カ月間に達し、高度成長期の「いざなぎ景気」を超えたと報じられた。

 今月15日に内閣府が発表した7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は、実質で前期比0.3%増、年率換算で1.4%増。7四半期連続のプラス成長で、16年ぶりの長さだという。

 安倍晋三首相が何度も主張している「デフレ脱却」にも近づいている。国内で生産されたモノやサービスの価格水準を示す「GDPデフレーター」は前期比0.3%増となり、2四半期ぶりの上昇となった。

 これについて内閣府は、「デフレ脱却に向けた局面変化」が見られると分析した。企業業績も過去最高水準に達している。このままの成長が続けば、デフレ脱却の可能性が高いということだ。

 一部の専門家によると、日本がデフレに陥ったのは、1998年だという。政府は2001年3月に「日本経済は緩やかなデフレにある」と発表した。

 デフレは想像以上に日本経済を冷え込ませた。企業の売り上げは落ち込み、賃金は伸び悩み、消費者も財布の紐を固くした。このスパイラルは長期に及び、日本経済は低迷を続けたのだった。

 そこで安倍首相は「物価目標2%」を掲げ、アベノミクスをスタートさせた。一番の目玉は、日銀が打ち出した「異次元の金融緩和」だ。さらには、このデフレ脱却のチャンスを生かすべく、安倍首相は来年の春闘に向けて、経済界に3%の賃上げを要請した。 5年連続の要請である。

 現在の景気拡大は、本当にデフレ脱却のきっかけとなるのだろうか。

 先に触れた7~9月期のGDPの内訳を見ると、実質GDPの成長にどれだけ影響したかを示す寄与度は、内需が0.2%分を押し下げ、外需が0.5%分を押し上げている。

 つまり、国内の消費は弱いままなのである。この景気拡大は、内需が伸びているわけではなく、堅調に推移する世界経済によるところが大きいのだ。

 物価についても疑問がある。内閣府は「デフレ脱却に向けた局面変化」を主張しているが、現在のインフレ率は1%を切っており、日銀が掲げる「物価目標2%」にはまったく届いていない。

中央銀行の「時間稼ぎ」は限界に達しつつある

 これについて、11月21日付の朝日新聞「低成長経済 時間かせぎの資本主義、限界に」 で、次のような分析があった。

 『時間かせぎの資本主義――いつまで危機を先送りできるか』(みすず書房)の著者であるドイツの社会学者ヴォルフガング・シュトレーク氏によると、先進国の自然体での高成長は1960年代に終わっていたという。

 「そこで各国は成長をなんとか延命させようと時間かせぎに走る。(略)時間かせぎの手法は限界を迎えるたびに入れ替わった。70年代はインフレ、80年代は政府の借金、90年代からは家計の借金。それが膨れあがって破裂したのが2008年のリーマン・ショックだった」

 今、中央銀行による金融緩和策が世界景気の下支えになっているわけだが、これも限界に達しつつあるのではないかという話である。