「小池リスク」は顕在化するか

 動向が注目されていた小池百合子東京都知事は、国政新党「希望の党」の代表に就任した。ところが、そこで何をやるのかという具体的な説明はほとんどない。ビジョンが示せないということは、希望の党は「小池百合子」という名前が欲しかっただけではないか。

 7月に行われた東京都議選挙で、小池氏率いる「都民ファーストの会」は、政策を何も示していなかったにも関わらず圧勝した。希望の党は、今回の選挙でもそれを狙っているのだろう。

 実際、希望の党はそれなりに健闘するだろう。自民党としては、「小池氏は都政に専念すると言ったのに国政に参加するとは、都民に対する裏切りではないか」と批判するだろうが、それでも希望の党は、ある程度の票を集めるだろう。

 その希望の党に、民進党が合流することになった。事実上、民進党が解党して希望の党に合流するということだ。小池氏は、民進党からの合流希望者は、一人ひとり適格か否かを判断をしていくと述べている。

 僕は、小池、前原、そして自由党代表の小沢一郎氏が一緒になって、自民党と対決するための統一野党をつくるのではないかと思う。これが現実となれば、自民党にとっては想定以上の強敵になる。

 野党がバラバラでは、絶対に自民党に勝つことはできないが、この3者が協力することは十分に考えられる。

 では、共産党はどうするか。小池、前原、小沢は、共産党とも組む可能性がある。すると、共産党からはあまり立候補者を出さないことになる。

 公明党の小池氏に対する視線は冷ややかだ。東京都議選挙では、公明党は都民ファーストと組んで戦ったが、今度の選挙では、公明党は自民党と組む。公明党の山口那津男代表は、これまで何度も小池氏に「国政には参加しないように。あなたは都政に専念すべきだ」と念を押していた。

 小池氏は、その約束を裏切って国政に出るわけだ。山口氏は、それに強い不快感を示している。