安倍首相はこの提案を実現に移そうとした

 金正恩の頭の中には、米国との対話しかない。だから、米国が「この条件であれば対話する」と言うのであれば、おそらく北朝鮮は承諾するだろうと思う。僕はあの日、安倍首相にこのような話をした。

 安倍首相は、この話に乗った。

 その直後の8月3日に内閣改造が実施され、河野太郎氏を外相に起用した。僕は、その日に河野氏に会い、1時間以上かけてこの話をした。すると河野氏は、僕の提案に大いに乗り気になり、すぐに行動に出た。

 日本時間8月17日、日本と米国の外務・防衛閣僚協議「2プラス2」が開かれた。河野外相と小野寺五典防衛相は、ティラーソン国務長官とマティス国防長官と会い、個別会議で先に述べた話を懸命に伝えたという。

 ところが、ティラーソン氏はその提案を拒否した。だからトランプ大統領はその後、ツイッターで「対話は解決策ではない」と言ったのだろう。

 河野氏は帰国後、僕に「残念ながら、うまくいかなかった」と報告してくれた。しかし、河野氏と安倍首相は「もう一度、チャレンジする」と述べ、9月下旬の第72回国連総会の前にトランプ大統領と会い、安倍・河野でもう一度話をすると意欲を示した。

 今回、国連安全保障理事会が全会一致で北朝鮮への追加制裁決議案が採択された。

 問題は、米国はあくまでも北朝鮮の核兵器放棄を前提とする態度だ。ところが、北朝鮮は核放棄を絶対にしないだろう。イラクと同じ結末になってしまうと分かっているからだ。

 どういうことか。イラク戦争が始まる2カ月前、僕はフセイン大統領にインタビューするためにイラクの首都バグダッドを訪問した。

次ページ 現実味を帯びてきた「最悪のシナリオ」