僕は7月に首相官邸を訪問し、安倍首相と1時間20分に渡って会談した。その場で、「政治生命を賭けた冒険をしないか」と、ある戦略を提案した。口外しないと約束し、僕はこれまで沈黙を守ってきたが、今回はその全てをお伝えしようと思う。

8月に開かれた外務・防衛閣僚協議にはある伏線があった(写真=Mark Wilson/Getty Images)

 核実験を強行した北朝鮮に対し、国連の安全保障理事会は9月11日、新たな制裁決議を全会一致で採択した。当初は、米中露の思惑が異なることから可決は難しいのではないかと懸念されていたが、結局、米国が妥協に次ぐ妥協を重ねたことで成立に至った。

 米国は、恥をかくのを恐れたのだろう。もし、ここで中国とロシアが反対して制裁決議案が成立しなかったら、米国の敗北だ。トランプ大統領のメンツが丸潰れになる。

 最大の焦点は、北朝鮮への原油・石油製品の全面禁輸が盛り込まれるかどうかだった。原油の多くを供給しているのは中国だ。米国は当初、それを全て禁止するという厳しい決議案を出していた。

 最終的に可決されたのは、その原案よりも緩い内容だった。原油と石油製品の輸出は、過去1年間の実績を上限に設定された。つまり、現状維持である。

 北朝鮮労働者の国外での雇用についても、新規に限り禁止になった。既存の労働者は容認されるということであり、こちらも現状維持だ。結局、総じて現状維持の内容だったから、中国とロシアも賛成した。

 問題は、米国と中国、ロシアの北朝鮮に対する思惑が根本的に違うことにある。この思惑の違いを一致させるには、どうすればいいのか。

 米国が北朝鮮に求めているのは、核兵器開発の全面放棄だ。一方、中国とロシアは、せいぜい現状凍結だろう。第一、北朝鮮の核兵器の技術は、ロシアから相当流れていると言われている。