米国はトランプ大統領の下、パリ協定を離脱(写真:ユニフォトプレス)

 今年は記録的な猛暑が続いた。6~8月の平均気温は、東日本で平年比プラス1.7度となり、統計を開始した1946年以降、最高水準となった。西日本も平年比プラス1.1度で、第2位だ。

 さらに凄まじい台風が相次ぎ、全国の被害規模は深刻なものとなった。豪雨も同様である。明らかに異常気象だ。

 今後、日本はどのようになってしまうのだろうか。そこで僕は研究機関や大学の教授らを招き、話を聞いた。

 ある専門家から、「このままでは、今世紀末には平均気温が4.8度上昇する」という話が出た。4.8度も気温が上昇すると、どのようなことが起こるかと言えば、まず水が蒸発して、海に面していないアフリカ大陸、南米大陸、ユーラシア大陸などの内陸の国々では深刻な水不足の危機が起こる。大勢の死者が出ることも免れないという。

 これから平均気温が1度上昇すると、動植物の30%が死滅すると予測されている。4度上昇すれば、60%が死滅するという。当然のことながら、生態系のバランスも大きく崩れる。

 最も大きな問題は、農業が極めて大変になるということだ。例えば、インドでは農産物を育てることができなくなる可能性がある。そうなれば、地球上どの国も食糧危機に陥り、多くの人間が死ぬことになりかねない。食糧危機になると争奪戦が起こり、戦争に発展する可能性もある。

 農産物のみならず、森林もなくなってしまう。海面上昇も起こる。150年先には、海面が5~6メートル上昇するといわれている。