6月2日の日本経済新聞朝刊1面に、「世界の株、時価総額最高」という記事が載った。投資マネーが株式市場に流れ込み、5月末の世界株の時価総額が76兆ドルとなり、2年ぶりに最高を更新したという。

 牽引役は、アップル、グーグルの親会社であるアルファベット、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムといった米国のIT企業だ。日経新聞もこの記事で指摘しているように、時価総額の上位には日本企業が全く見当たらない。1~8位が米国企業で占められ、9位にテンセント、10位にアリババと中国企業がランクインした。

 日本勢は全く振るわない。10年前(2007年5月末)は、10位にトヨタ自動車が入っていたが、今回は38位まで後退した。

 時価総額だけではない。今、最も投資を呼び込んでいるAI(人工知能)開発においても、日本勢は完全に出遅れてしまったと言っていい。

 なぜ、こんなことになったのか。

 今、僕はAIの取材を進めている。その中で、AI研究の第一人者である東京大学大学院工学系研究科の松尾豊特任准教授に話を聞く機会があり、「なぜ、日本はAI時代に出遅れてしまったのか」と尋ねた。彼の答えは以下のようなものだった。

 これまでAIブームは3度あった。1度目は1950年代後半で、2度目が1980年代だった。この2度目のブームは日本でも相当な盛り上がりを見せた。通商産業省は約550億円を投じて「第五世代コンピューター」を開発しようとした。

 しかし、残念なことに結局実を結ぶことはなかった。当時はインターネットが普及しておらず、ビッグデータを収集することができなかったからだ。

 松尾さんは、「あの時、もしビッグデータがあれば、日本がシリコンバレーのような存在になっていたかもしれない」と言った。そのくらい、当時の日本は政府も企業も闘志に燃えていたのだ。

 ところが、3度目のブームが到来した今、その炎は全く消えてしまった。松尾さんによれば、その原因は日本企業の構造にあるという。