予測不可能なトランプ大統領の行動

 今回の米朝首脳会談では、おそらく金正恩氏は核廃棄を約束するだろう。そして、二回目の首脳会談で、朝鮮半島の非核化、つまり在韓米軍の撤退を要求するとみられる。

 6月12日は、南北首脳会談と同様に朝鮮戦争の「停戦」ではなく「終戦」を目指したい、という話も出るだろう。朝鮮戦争については米国、中国、北朝鮮で停戦協定を行っており、ここで終戦協定の話を持ち出してくる可能性は高い。

 南北首脳会談では今年中の終戦を目指すという話が出たが、米朝首脳会談でその具体的な期日が議論されるのかがポイントだ。

 ただし繰り返しになるが、トランプ大統領の行動は読めない部分がある。米朝首脳会談もどんな話題が出てくるのか、実際のところは未知数な部分がある。まずは6月12日の行方を見守りたい。

田原総一朗、猪瀬直樹著

 たび重なる大震災、2度の政権交代――それでも変わらない政治の無責任体質。少子化と反比例するように増え続けた国の借金は1000兆円。昭和の遺産を食いつぶし、後退戦を続けた平成の30年間、いったいどこで失敗した?

 冷戦終結からモリカケ問題まで、改元まで一年を切った今、平成が積み残した問題を徹底総括! 日本のタブーに斬り込んできた作家とジャーナリストの大激
論から見えてきた、日本がこれから進むべき道とは?