北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は核放棄にさまざまな条件をつけるだろう(写真:KNS/KCNA/AFP/アフロ)

 米朝首脳会談が開催されるかどうかに世界の注目が集まっている。6月12日にシンガポールでの開催が決まった後、米国のトランプ大統領が5月24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に首脳会談の中止を書簡で通告したためだ。

 トランプ大統領は書簡の中で、「私はあなたと会談に参加することを非常に楽しみにしていた」と言いながら、「残念なことに、直近のあなた方の声明に表れた激しい怒りとあらわな敵意に鑑み、私は現時点ではこの長く計画してきた会談を実施するのは不適切だと感じる。シンガポールでの首脳会談は実施しないと表明する」と記した。

 一方で書簡では「この最も重要な首脳会談について考え直すことがあったら、遠慮なく私に電話するか手紙を書いてほしい」とも記し、首脳会談開催の可能性を含ませていた。

 その直後の5月26日、急きょ、韓国と北朝鮮による南北首脳会談が行われ、金正恩氏は米朝首脳会談開催への意志を示した。するとこれを受けて、トランプ大統領は「予定通り実現しよう」と発言。中止から一転、米朝首脳会談に向けた調整が再始動したのである。

 これは一体、どういうことなのか。

当初、会談が実現しないとみていた日本政府

 ここまでの流れを理解するために、時計の針をもう少し戻してみよう。

 そもそも米朝首脳会談開催の話は、韓国の特別使節団が北朝鮮を訪れた時、金正恩氏が「米国が我が国の安全を保障するならば、核兵器を持ち続ける必要はない」と発言。核放棄を示唆したところから始まった。

 この時点で日本政府は「北朝鮮の発言は全く信用できない」と表明。北朝鮮の申し入れを、トランプ大統領が受けるはずがないとみていた。

 金正恩と会談した韓国の特使団はすぐに米国を訪問したものの、ホワイトハウス関係者は「北朝鮮の言うことなど信用できない。トランプ大統領がまともに受けるわけがない」と考えていた。ところがトランプ大統領は周囲の高官たちに全く相談することなく、特使団と会談し、米朝首脳会談を開催する、と言い切ってしまったのである。

 日本をはじめ、世界各国は驚愕した。トランプ大統領の意図は何だったのか。