安倍首相は新たな局面をどう乗り切るのか(写真:AFP/アフロ)

 5月21日、愛媛県が国会に提出した加計学園の獣医学部新設に関する文書に、2015年2月25日に加計孝太郎理事長と安倍晋三首相が面会したと記録されていることが明らかになった。そこには、加計氏の「新たな学部を新設したい」という話に対し、安倍首相は「新しい獣医大学の考えはいいね」と賛同するというやりとりも記載されているという。

 この話で、柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)が5月10日の参考人招致で述べた話が、非常にリアリティを帯びてきた。

 柳瀬氏は2015年2月以降に計3回も加計学園関係者と面会している。その時、獣医学部新設について非常に前向きな姿勢を示していたという。さらには、「これは首相案件である」とまで述べていたという。

 ここに大きな謎がある。京都産業大学をはじめとする複数の大学が獣医学部新設を政府に申請する中で、なぜ首相秘書官が特定の教育機関の関係者と複数回も面会したのか。

 立憲民主党の長妻昭政調会長も、次のように指摘している。「安倍内閣で始まった国家戦略特区は、認定事業数が283もある。その中でも、柳瀬氏が面会したのは、加計学園だけだ。『アポがあれば誰でも会う』と言っているが、加計学園だけに3回も首相官邸で会うというのは不自然だ」と述べている。その通り、明らかにえこひいきである。

 そもそも首相秘書官が勝手にやったとするならば、上司である安倍首相に責任を問われるはずである。

 柳瀬氏は参考人招致で、一連の対応について「安倍首相の恣意はない。報告もしていない」と述べた。何のためにこんなことをやったのか、動機が分からない。

 首相秘書官の経験がある江田憲司氏は、柳瀬氏に対し「首相秘書官は総理大臣と一心同体だ。許認可や補助金の対象事業者と会うと、それは総理に累が及び、疑念を招く」と指摘。「首相に要望を伝えに来る事業者や自治体関係者は、まず内閣府や役所の担当部署に来て、必要があれば担当部署から首相秘書官に報告がある」と説明した。

 その上で、柳瀬氏に「あなたはその義務を怠るほど無神経ではない」と主張した。これに対し、柳瀬氏は回答しなかった。