重要なのは100万円寄付ではなく、国有地の問題だ

 証人喚問をすることで、安倍さんは幕引きを図りたいと考えているのかもしれない。そうはいかないだろう。やはり、野党は国有地売却の交渉時に財務省の理財局長だった迫田英典国税庁長官や、当時の近畿財務局長らの証人喚問も求めると思われる。

 野党は安倍さんを首相の座から引きずりおろしたいと考えているかもしれない。

 だが、最大の問題は100万円寄付問題ではなく、国有地が格安で売却された問題だ。一般的にはあり得ないことについて、近畿財務局長に問う必要がある。

 今後、財務省は野党が要求する証人喚問に応じるのか。ここが1つの大きな焦点だ。野党は国有地問題にフォーカスし、厳しく追及すべきである。