変化の激しい次代、「後追い」では生き残れない……

 今までの日本企業は、世界経済の「二番手ランナー」として非常にうまく立ち回っていた。松下電器産業(現パナソニック)の創業者である松下幸之助さんが、生前僕に、よく言っていた言葉がある。

 「松下は、東京にいくつもの素晴らしい“研究所”がある。そこで開発された製品を大量生産し、全国隅々まで築いた販売網を使って売ったことで、大きく成長した」

 松下電器はかつて、他社が開発した製品を真似して類似製品を作り、その強固な販売網を生かして売るという戦略で成長してきた側面がある。ライバルが新しい製品を作っても、すぐに真似をしてシェアを奪ってしまうから、「マネシタ」と揶揄する声もあった。

 関西を地盤とする松下電器が、東京にいくつも研究所を持っていたわけではない。幸之助さんの言葉は、東京を地盤とするライバル企業(ソニー、東芝、日立製作所、オリンパスなど)がどんな新商品を開発したとしても、自分たちの工場で大量生産して、「ナショナルショップ」という強力な販売網で売れば勝てる、という意味だったと僕は解釈している。

 つまり、かつての松下電器は家電メーカーの二番手ランナーとしてやってきたというわけだ。

 これはパナソニックだけの話ではない。ソニーの創業者の一人である盛田昭夫氏は、「ソニーはマーケットにないものをつくる」と言っていたが、実際のところは、すべてがその通りとは言い難い。

 ソニーが開発し、世界中で爆発的に売れたトランジスタラジオに用いられた「トランジスタ」は、1948年に米国の物理学者たちが発明したものである。彼らは56年にノーベル物理学賞を受賞したが、当時はトランジスタをどのように製品に応用すればいいか分かっていなかったという。

 ソニーは、そのトランジスタを使ってラジオを開発し、世界的な大ヒット商品を作り上げた。つまり、米国が開発したものを掘り下げて、製品として開発する能力に長けていたということだ。

 自動車も同様である。米国のフォード・モーターの創業者ヘンリー・フォード氏は、安価な自動車を開発して自動車を広く普及させた。当時の日本の自動車メーカーは米国から遅れをとっていたが、今やトヨタや日産のグループは、米国勢を凌ぐ存在となっている。

日本は見通しが甘かった

 このように日本のメーカーは、常に「二番手ランナー」としてうまくやってきた。なぜ二番手かといえば、そこには明治時代以来の経緯があるからだと思う。

 明治の時代が始まった1868年、すでに欧米では産業革命が起こっていて、機械化がどんどん進んでいた。完全に出遅れてしまった日本は、欧米の機械化にいかに適応し、取り入れていくかということが最大の課題だった。

 結局、日本は二番手ランナーとして発展していったわけだが、これからは二番手では通用しない。AI(人工知能)の時代になれば、トップランナーたちが多くの利益を占有するからだ。

 今、AIビジネスの最前線にいるのは、グーグル、アップル、アマゾンなど、米国の企業ばかりである。AIに詳しい松尾豊氏(東京大学大学院特任准教授)によれば、「AIにおいて、日本は米国より3周遅れている」ということだ。

 では、どうすれば日本がトップランナーになれるのか。ここが最大の問題である。