写真は筆者クリコさんが、夫アキオさんのために、お麩を使って作ったフレンチトースト(介護食バージョン)です。パンを食べることができないアキオさんでもおいしく食べられます。

 「わたしの方が愛してる」「いや、僕の方だね」「勝手にやってくれ!」
 …と言うしかないほどの仲良し50代夫婦、アキオさんとクリコさん。

 ところが、夫アキオさんが、口腔底がんの手術で口の中を大きく切除し、下あごの麻痺と、ものを噛む機能に障がいが残ってしまいました。「噛む力」を失ったアキオさんは、スープ状になったお粥を一杯食べるのに1時間以上かかり、おいしいものが好きなだけに、食事の時間が苦痛になってしまいます。

 しかし、アキオさんが「天職」とまでいうほど愛する仕事、職場に復帰するには、食事を通して体力を回復することが欠かせません。

 アキオさんに背中を押されて、料理研究家になったクリコさんは、愛するアキオさんのために奮闘を始めます。「わたしがアキオを会社に戻してみせる!」。しかし、参考になる助言も情報もナシ、満足できる市販品ナシ。どうする、クリコ。

 日経ビジネスオンライン史上最甘連載、「バカップルの戦い」をどうぞご覧ください。

(前回から読む

 ものを噛めないアキオに体力を回復してもらうために、食欲をそそる流動食を作りたい。いや、作らねばならない。でも、情報は恐ろしいほど乏しくて、こうなったらもう、自分で何とかするしかない。「おいしいものを“おいしい”と感じる、味覚がアキオに残っただけでもありがたいじゃないか!」と腹をくくり、介護食作りの試行錯誤の日々は始まった。

 まずは何を、どういう状態なら食べられるのか。アキオが食べられるものを把握することから。

 病院では、料理の完成品をそのままミキサーにかけたと思しき流動食が出されていたので、まずこの方法を試してみた。

 普通に鮭と野菜のクリームシチューを作ってから、具材が入ったまま丸ごと全部をミキサーにかける。手順は簡単、だが、出来上がりをひと目見て「これはダメだ」とガッカリ。

「丸ごとミキサー」には、もちろん理由がある

 鮭と人参やじゃがいも、玉ねぎなどの野菜が入ったクリームシチューを、そのまま丸ごとミキサーにかけたらどうなるか。あらゆる具材が粉砕されて混ぜ合わされてドロドロになる。流動食には違いないが、見た目にそれはもう胃の中の状態そのままになるのだ。これが皿に盛られていたら、ゲンナリするだけで食欲が湧くことはまずない(と、わたしは思う)。

コレが普通に作った鮭と野菜のクリームシチューを丸ごとミキサーにかけたもの

 「そんなのは贅沢だ。置かれた状況を考えれば、食べられさえすれば何でもいいはずだ」という考え方もあるし、筋も通っている。実際、介護食作りに時間も手間もかけられないご家族がほとんどのはず。病状が回復し、やっと流動食を食べられるようになって、希望を見出している人もたくさんいらっしゃるはずだ。

 それはわたしも理解している。丸ごとミキサーにかけた流動食を完全否定しているのでは、決してない。