ホームラン増え、三振も増える

プロチームにおけるデータ活用は、ここ数年でどのように進展しているのでしょうか。

金沢:まず、サッカーでは以前よりもさまざまなデータを取れるようになり、分析も深まっているとは思います。ただ、現在は「何を重視すべきか」を皆で考え始めたフェーズといえます。例えば、走行距離なのか、トップスピードなのか――。

 サッカーというスポーツの特性として、「得点が入りにくい」「セットプレーになりにくい」ということがあります。野球だと「ノーアウト満塁から平均で何点入る」といったことがデータから分かりますが、サッカーではそういう場面が少ない。このため、データを細かく分析しても、「こういう状況なら何点」という正解を作りにくい性質があります。

 だから、現場ではチームとしてやりたいことができているかどうかをデータで分析するケースが増えています。例えば、「インテンシティー(強さ)」はどういう言葉の意味で、データとして何を指標とするかを決めていこうという動きが出ています。

 データスタジアムが運営する、サッカーをデータで楽しむための情報サイト「Football LAB」では、「ハイプレス」「コンパクトネス」「最終ライン」「敵陣ポゼッション」などの独自指標を作って評価を公開しています。具体的には、試合で取得したデータから偏差値を算出して評価します。これは「勝てる」「勝てない」を直接示すものではありませんが、チームが目指しているサッカースタイルを実践できているかを数値で判断できます。

データスタジアムが運営する、サッカーをデータで楽しむための情報サイト「Football LAB」の画面例(図:データスタジアム)