価値提供で「事業」と「普及」が進展

スポ育やOFF TIME Bizは、サービスを受ける側にはどのような効果があるのでしょうか。

松崎:私たちはそれらの事業を「ダイバーシティ教育プログラム」として位置付けています。ブラインドサッカーを体験することでコミュニケーションスキルやチームビルディング、リーダーシップ、ボランティア精神などを養い、同時に障がい者理解を深めるという効果があります。

 おかげさまで今では多くの学校や企業から問い合わせをいただくようになっていますが、かつて「体験会」と称して小学校を回っていたときはなかなか理解を得られないこともありました。というのも、当時は「ブラインドサッカーを体験すること」が前提にあり、「教育上役に立つ」ということを前面に出しておらず、実際に体験いただいたある小学校の先生から「“体験会”という言い方、やり方では、役に立つことが伝わらない。学校教育の文脈に合わせて展開した方がいい」と指摘されました。

 だから現在では「ブラインドサッカーを知ってください」とは、全く言っていません。あくまでも教育やビジネスに役立つワークショップであり、その副産物として、ブラインドサッカーの普及があると考えています。

 今は2020年に向けてブラインドサッカーの注目度も高まっていますから純粋にブラインドサッカーを体験したいというニーズも多少あります。しかし、基本的には「教育や企業研修の制度設計の中のこの部分で活用したい」というニーズを持ってお申し込みいただいています。我々としても、そういう形で関わる方が効果につながりやすいですし、学校や企業のパーツの一部として使っていただくという方が、2020年以降も続いていくだろうと考えています。

一般の方に競技を体験してもらう場合、普及が先に来てビジネス的な観点が欠けてしまいがちですが、「学校や企業のパーツの一部として使ってもらう」という言葉は新鮮に感じます。

松崎:やはり、こちらから価値提供をしないとヒト・モノ・カネは動きませんからね。以前は「私たちは頑張りますので、先にお世話をしてください」という形で動いていましたが、そのスタイルを変更したことで事業がうまく回り始めました。