「勝つこと」と「競技の価値を高めること」はイコールではない

明確なビジョンを制定したことで、協会として進むべき道筋が見えたのですね。

松崎:はい。言葉に落とし込んだことで、以前は“なんとなく”や“ついでに”行っていた健常者向けの普及活動も“やるべき”だからやるようになりました。日本ブラインドサッカー協会では、小学校向けのプログラム「スポ育」や、企業向けの研修プログラム「OFF TIME Biz」といった事業を展開していますが、それらがマジョリティーに対する活動に当たります。ただ、以前はこうした活動は批判されることもありました。

企業向けの研修プログラム「OFF TIME Biz」の様子(写真:日本ブラインドサッカー協会)

どのような批判でしょうか。

松崎:「視覚障がい者のための協会である我々が、なぜ目が見える人に対してリソースを割くのか」「そんなことよりも強化に力を注いだ方がいいのではないか」といったようなものでした。

 言いたいことは分かりますが、私たちは「ただ勝てばいい」とは考えていません。日本代表が勝つことによって視覚障がい者の雇用率が上昇したり、彼らが社会で生きる上での公平性が高まるかというと、必ずしもそうではありません。今は2020年の東京パラリンピックが目前に迫っているので多少状況は異なりますが、勝てばスポンサーが増えるということも、当時はなかなかありませんでした。

 つまり、試合に勝つことと、資金調達や普及、競技の価値を高めることの間には溝があったんです。しっかりとビジョンを策定し、事業を設計し、それぞれの間に橋を架けていかないと、将来的な発展はないと考えたのです。実際、ビジョンを明確にしたことで、こうした議論も起こらなくなっていきました。