その子たちにプロの選手を見に来てくださいと言ったら、多くの子どもたちは見に来てくれると思います。バスケをやめてしまった人たちがプロの試合を見たら、きっと楽しくなって自分も再びプレーしたいと思うようになる人も少なくないでしょう。余暇で社会人と混じってバスケをして、どんどん熱狂的になってきて、30歳代くらいになるとコアなファンとして真剣にBリーグの試合を見てくれるようになる。データベースを用いてきちんと働き掛けることで、プレーする人と見る人をリンクできるようになると思うんです。

(写真:加藤 康)

 ポイントは2つあります。1つは、今話したBtoC(消費者向け)の取り組みです。競技者とファンのデータを一元管理することで、競技者人口と観戦者人口を増やす。これによって、バスケ全体の事業規模を拡大できます。

 もう1つは、BtoB(企業向け)の観点の取り組みです。「見る人」と「やる人」のデータがたくさん集まれば、パートナー企業にとっては宝の山になる可能性があります。例えば、アパレル企業やスポーツジムにとってはヨダレが出るくらいに欲しい情報ではないでしょうか。統計的に分析し、さまざまな情報を提供できるようになると思っています。

 そして、最も着目しているのは競技者です。バスケの競技者は国内に約60万人います。それにプラスして、中学・高校までプレーしていて、卒業後に競技を辞めた人もいます。Bリーグのチケット販売サイトの会員のうち、半分以上は競技者か、元競技者で、バスケ経験者の比率がとても高い。調査で「バスケの試合を生で見てみたい」と答えた人は700万人いて、そのうち270万人が競技経験者でした。この比率は他のスポーツと比べても圧倒的に高いのです。

 バスケ経験者の比率が高いという点を最大限に活用した戦略立案は、とても重要と考えています。観戦者のデータベースをリーグ一括で管理する取り組みは、海外でもほとんど見られない大きな改革です。さらに60万人の競技者データもくっつけたいと思っています。とても大きな作業になりますが、それによってバスケを「する・見る」をつなぐ世界観が出来上がります。

Bマーケティングで協会とリーグのライツを一括管理するということは、バスケ日本代表を盛り上げる取り組みを含んでいるということですね。

葦原:その通りです。JBAとBリーグのスポンサーシップを一緒に売った方が、リーグにとってもスポンサーにとっても効果が高いと考えています。リーグ初年度は、リーグスポンサーからの収入が50億円程度と従来の10倍以上になりました。スポンサー様の反応を見ていると、JBAにも興味を持つ企業が結構多いんです。