2020年の東京五輪での本格的な実用化を目指している。「ゴールは、東京五輪までに男子6種目、女子4種目の計10種目をカバーすること」。開発を主導する富士通研究所 応用研究センター ライフイノベーション研究所 所長の佐々木和雄氏はこう語る。

 白井選手の新技「シライ3」。現在最高のH難度のこの技は、目にも留まらぬ速さで「後方伸身2回宙返り3回ひねり」を繰り出す。こうした技の高度化に伴い、もはやプロの審判といえども肉眼で常に正確な判定を下すのが難しい状況になっている。

 このため、体操競技の判定にはしばしば“ぶれ”が生じ、それが選手やコーチの不満の温床になるばかりか、スポーツの魅力を損なう要因となっていた。

体操競技の採点支援システムのイメージ(画像提供:富士通)

誤審をなくしたい

体操の採点支援に使用する3Dレーザーセンサー。1フレーム(画角)は7万6800点で、毎秒30回の発射で230万の測定点を取得する。カメラも内蔵。ネットワークで複数台を連携し、同じ時刻で異なる角度から選手を見られる。あん馬の判定は2~3台で対応できるという

 2016年10月19日。FIGは、当時、日本体操協会専務理事だった渡辺守成氏を第9代会長に選出した。五輪実施競技の国際競技団体(IF)で日本人がトップに就任(2017年1月1日付)するのは23年ぶりという快挙だった。

 会長選の前日に行われたプレゼンで、渡辺氏は、富士通と富士通研究所、日本体操協会が共同で開発を進めている採点支援システムをデモし、その導入を2020年東京五輪へ向けての政策の目玉として掲げた。つまり、同システムは会長の“肝いり”のプロジェクトなのだ。

 そこには「体操競技から誤審をなくし、もっと透明性があって公平なものにしたい」という、渡辺会長、そしてFIGの強い思いがある。

 現在、体操競技の採点は、技の難易度を評価する「Dスコア(演技評価点)」と、技の出来栄えを評価する「Eスコア(実施点)」の合計点から成る。体操の採点規則をまとめた教本には、技の成立条件や減点要素などがこと細かく書かれている。