選手と同じ「場」疑似体験 観戦の流儀が変わる

スタジアム内を取り囲むように設置した複数の高解像度カメラをネットワークでつなぎ、同じタイミングで多方向から撮影する。撮影後、画像処理技術を用いて、さまざまな視点から好みの角度で映像を見られる自由視点映像を生成する。(画像:キヤノンのニュースリリースから)

閉じる