横浜DeNAベイスターズの本拠地、横浜スタジアム(神奈川県横浜市中区)。(写真:PIXTA)

 横浜DeNAベイスターズが、スポーツ分野で事業を展開するベンチャー企業を発掘・協業する新事業「BAYSTARS Sports Accelerator(ベイスターズ スポーツアクセラレータ)」を2017年12月に開始した。ベイスターズが保有する選手を始めとするさまざまなデータや外部とのネットワーク、さらに資金をベンチャー企業に提供するなどして強固に連携し、新たなスポーツ事業の創出を目指す。

横浜DeNAベイスターズ社長の岡村信悟氏

 12月に応募を開始し、2018年1~2月の審査を経て、2月以降にプログラムを開始する。対象となるスポーツは野球に限らないなど応募に特に条件は設けないが、「スポーツ事業に本気で取り組んでいるベンチャーが対象。支援ではなく対等なパートナーとして、次なる産業を共創したい」(社長の岡村信悟氏)。

 運営には、ベンチャーキャピタルのiSGSインベストメントワークスが協力する。主に資金提供面などを担う。投資規模や期間などについて目標値は定めていない。

 プロスポーツチームによるベンチャー支援事業は世界的な潮流となっている。先頭を切ったのは、米メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャース。2015年に「Dodgers Accelerator」を開始した。スポーツ・テクノロジーやスポーツ・エンタテインメントの分野で新技術やサービスなどを開発するベンチャー企業を支援している。

 2017年になってからは、サッカー・スペインリーグのFCバルセロナが「Innovation Hub」、英プレミアリーグのアーセナルが「Arsenal Innovation Lab」を立ち上げるなど、世界の著名チームがこの事業に相次いで参入している。