(写真=日刊スポーツ/アフロ)

 先の大阪ダブル選、私は大阪維新の会が大勝したのは当然だととらえている。自民党、民主党から共産党までが支援した候補は、ただ「反橋下」だけで政策らしいものはまったくなかったからだ。

 私は橋下氏の大阪都構想には賛成であった。大阪は「府と市が手を合わせると、フシアワセ」などといって、ともかく府と市の仲が悪かった。それに、府と市の二重行政で無駄が少なくない。二重行政を解消することで財政の健全化を図る、という橋下氏の発想は間違いない。

 大阪都構想は中央集権に対する地方分権の問題提起であるが、橋下氏の誤りは石原慎太郎氏と組んだことであった。石原氏は中央集権論者であり、その石原氏と組んだことで橋下構想があいまいになってしまった。そして、石原氏と別れたことで大阪都構想が分かりやすくなった。

 橋下氏は典型的政治家であり、大阪市長をやめても政治の世界から引退などするべきではない。