(写真=服部 あさ美)

 昭和っ子の私はナショナルの家電製品になじみがあるのですが、今やパナソニックブランドは、テスラ・モーターズの車載電池など、革新的な分野でも浸透しているんですね。どん底からのV字回復で、津賀一宏社長は米経済誌「フォーチュン」の2015年最優秀ビジネスパーソン50人にも選ばれています。 

 身近なところではやはり美容家電。私もナノケアドライヤーやスチーマー、眉シェーバーなど愛用中。プロのヘアメークさんにも人気です。何しろ作りがしっかりしていて機能性が高く使いやすい。ブラックの高級ラインもあるけど、一般的な製品にはファンシーなピンクのデザインが目立つのがちょっと残念ですが。

 他社との共同開発で、世界初の「全自動洗濯物折り畳み機」の早期実用化を目指すというニュースには、ついに夢がかなうのかと夫婦で色めき立ちました。うちも子供が小さい時は共働きで手が回らず、乾いたらソファに山積みしては引っ張り出して着る状態でした。2016年度中の先行予約販売を目指すのだとか。まさに革命!折り畳むだけでなく、アイロンもかけておいてくれないかなあ…。全自動洗濯乾燥アイロン折り畳み機、もし実現したらノーベル家電賞ものだと思います。