(写真=矢幡 英文)

 2015年3月、ロンドン。国際会議にてグーグルのエリック・シュミット会長と肩を並べて登壇する彼をみながら、初めて会った15年前を思い出した。当時はお互いやんちゃな24歳の外資系サラリーマン。以来、親友としてずっと苦楽を共にしてきた。気がつけば2人ともベンチャー企業の社長として40歳を目前に控えている。

 愛称の「スイミー」はカナダで過ごした小学生時代に自ら選んだミドルネーム。帰国後は静岡の中高でサッカーに明け暮れ、ボストンの名門タフツ大学へ進学。米系投資銀行、香港系投資会社を経て、独立した。

 現在はテクノロジーを活用して大きく成熟した人材業界の変革に挑む。グループ社員は550名にまで急成長。ダボス会議の若手メンバー、文部科学省のグローバル教育に関する有識者にも選出された。大好きなスポーツ分野では楽天球団の創設に携わり、地元ジュビロ磐田のアドバイザーも務めた。

 世界中に散らばる友人の輪。次々と溢れ出るアイデア。超人的なエネルギーと行動力。仲間との強い絆。何よりも、最高の笑顔。次の15年、スイミーと僕に何が待っているのだろうか。