(写真=後藤麻由香)

 松本氏は金融畑の出身で、数多くの先端的な財務手法を編み出したストラクチャードファイナンス部門出身だ。12年前、私が産業再生機構のCOOに就任した時、スキルの高さを見込んで幹部スタッフとして声をかけた。

 外資系企業などから魅力的なオファーがたくさんあったに違いない。だが、皆がしり込みした、「構造不況業種」地方バス会社再建の責任者を気持ちよく引き受け、多くの困難を乗り越えて成功に導いた。今のみちのりグループにつながる地方バス再生の基本モデルを確立してしまった。金融出身の松本氏が、事業サイドの再生プロフェッショナルとして、歴史ある産業にイノベーションを起こしたのだ。

 彼が率いるみちのりグループが、今後もさらなるイノベーションを起こし、地方の公共交通と観光の「生産性革命」を色々な場所で実現していくことを楽しみにしている。