(写真=ロイター/アフロ)

 破滅への前進──。アベノミクスの名の下に、ミスター黒田が行っていることは近い将来、日本にとって致命傷になるだろう。巨額の債務と人口減少。この2つの大きな課題を抱えながら、市場に無尽蔵に資金供給することが何を意味するのか。

 これまでの歴史の中で、量的緩和策が中長期で有効であることが実証された例はない。このままでは日本は必ずハイパーインフレに見舞われるだろう。通貨は大幅に下落し、金利は急上昇する。私は忠告したい。これから20年のうちに、多くの人々がミスター黒田のやったことが間違いであったことに気づくだろう。

 私は日本が好きだ。かつて偉大で自信に満ちた国が落ちていく様を見たくはない。この危険な「賭け」は、冒険では済まない。無制限の金融緩和はもうやめよう。多くの投資家が、日本の財政健全化に向けた取り組みに注視している。ミスター黒田には私の忠告を重く受け止めてくれることを願う。