(写真=的野弘路)

 後藤さんとの出会いは、1996年まで遡る。当時、創業したばかりのアタッカーズビジネススクールに第1期生として入塾してきたことがきっかけだ。

 九州・大分の老舗製薬メーカーに生まれ、大手コンサルティングファームで活躍していたが、バブルが崩壊。徐々に経済が悪化する中で、時代の流れをいち早く感じとり、起業に踏みきった一人だ。

 彼はスクール卒塾後、アメリカに渡り、今や人々の生活に密着しているeコマースの到来を強く確信。多様化するユーザーのニーズと数ある商品をマッチングさせる「ケンコーコム」を立ち上げた時にはわれわれも若干応援させてもらった。

 2009年には、後藤社長に最大の試練が押し寄せる。改正薬事法で医薬品のネット販売が禁止されたことだ。だが、生活者の利便性を考えそれを違憲とし、厚生労働省令の取り消しを求めた行政訴訟を起こし勝訴。彼は、まさに不可能を可能に変える闘士(アントレプレナー)なのだ。