(写真=的野弘路)

 日本の大企業には“カッコイイ”CEO(最高経営責任者)が少ない。若くて、カリスマがあり、変革を起こせる、世界でも通用するリーダーが。

 蛇に睨まれた蛙。初めて株主の担当役員として着任した峰岸さんと面会したときの自分を思い出す。眼光鋭く、厳しい質問を投げかけてくる。それでもほろっと笑った時に見えた白い歯が、優しい人柄を表していた。

 IT(情報技術)ベンチャー経営者が集うカンファレンス。初めて登壇した峰岸さんの発言を起業家たちが必死にメモを取りながら聞く。買収した北米企業にもリクルート式の営業管理手法を導入し収益は大幅に改善。被買収企業の外国人トップとは通訳無しでやり合う。

 好奇心旺盛な峰岸さんは僕らにも絶えず質問を投げかけてくる。「峰岸塾」の門下生として、自分もライフネット生命をリクルートのような大企業に育て上げたい。