(写真=古立康三)

 宮坂社長に初めてお会いした印象は、「自然体でポジティブ、エネルギッシュな方」。人格者でありながら、子供のような好奇心と率直さを兼ね備えた人間力を感じ取ることができた。志、本質論、ビジョナリーという言葉を好み、大変な勉強家であることを後から知った。

 その後、気づけばあっという間にヤフーの社長に抜擢。その後のご活躍は言うまでもない。雲の上の存在である宮坂社長だが、実は私とは同じ山口県繋がりという共通点がある。定期的に開催している、地元出身の若手飲み会にも途中から駆けつけてくれたことはよく覚えている。

 今年、ゆっくり会話ができたのは4月下旬ごろ。オークファンが上場した報告を兼ねて時間を取っていただいた。「同郷の後輩が頑張っているのが嬉しいよ」という激励の言葉は今でも決して忘れない。