(写真=菅野勝男)

 6月のWBAとWBCのミニマム級統一戦はお疲れ様でした。最後は判定になったけど、ポイントで負けていた八重樫東選手が前に出たこともあって、後半はとても面白い試合だった。井岡君は4階級制覇を目指しているでしょ。井岡君のベストは1階級上のライトフライ級。上の階級ほど正味のパンチ力がものをいうから、次のリングは楽しみなんじゃないかな。ボクシング界の発展のために、偉業を成し遂げてほしい。

 あえて言えば、ボクシングを盛り上げるために、今後はもっと派手な試合を期待したい。そのためには連打だよ、連打。コンビネーションを入れて、懐に入る。もちろん、相手に打たせないアウトボクシングが井岡君のスタイルだけど、観客が盛り上がるのはある程度リスクを取った戦い方じゃないかな。井岡君はアマ出身だけにテクニックがあるし、試合の組み立て方もうまい。スター性も十分。階級を上げながら、さらに「魅せるボクサー」になってほしい。ちょっちゅね~♪