これほど「full contact」な人物に会ったことはありません。この素手でじかに撃ち合う流儀を意味する言葉通り、北川さんは、研究や教育はもちろん、食事からピアノ、スケートまですべてに容赦なく全力投球です。