編集部より:齋藤ウィリアム浩幸氏は2017年12月、経済産業省と内閣府の参与を辞任し、自身が公表していた経歴に誤りがあったと発表しました。本記事に掲載していた略歴にも誤りが含まれていたため、掲載をとりやめました(2017年12月27日)。

 今、日本経済が抱える問題を理解し、具体的な方法を示すことのできる人物である。デジタル認証や暗号の専門家だが、将来は経産大臣か外務大臣など、未来を担う人材だという印象を持った。

 私は、縁あって産官学のネットワークを目的とする団体の顧問をしているが、そのセミナーでも、学生たちにグローバルな考え方を勉強してほしいと、彼に講演をお願いした。また、我々のお取引先様を招く勉強会や新年会でも話をしてもらい、そのたびに参加者から「視野の広さ、感覚の鋭さ、想いの深さに感動した」といった感想をいただく。

 人間的な魅力にもあふれ、釣り友達としてマイアミにマグロを、また九州に石鯛を釣りに行ったりしているが、料理の腕も天下一品だ。特にマスの燻製は超一級。遊びの上手い人、料理の上手い人は仕事もできる、という言葉を体現している。