(イラスト=春少女(Miss Spring) 2012 227.0×182.0cm acrylic on canvas © Yoshitomo Nara courtesy of Tomio Koyama Gallery)

 奈良さんとは数えきれないくらい会っているが、特に夢を語り合ったこともなく、美術や小説の話をしたこともない。

 なのにどうしてだろう、奈良さんのことを考えると星を見上げたり音楽を聞きながら、とても遠い果てしない何かについて、たくさんの時間語り合ったことがあるような気がする。多分みんなもそう感じるから、奈良さんの作品には圧倒的に一般のファンが多いのだろう。

 「評論家のよい評論もありがたいし、有名人の評価もミーハーな意味でとっても嬉しい。でも、最後の最後に自分を支えるのは専門家ではない人たちだ。自分もひとりの素人としてその作品と向き合い、いっしょに感動し、同じなにかを取り戻す道を歩んでいる」という気持ちが同じだから、私たちは友だちなのだろう。

 最近の奈良さんのセラミックやブロンズの立体作品は現代の仏像や神像だと思う。すごいことをしているな、と毎回ぞっとするほど感動する。